「正しく考える人」を育成するために、サピックスは真の学びの場を提供しています。

先輩の声

添削室担当 喜田村さん

SAPIX生の文章添削指導をしています。低学年の作文では「先生の好きな歌は何ですか?」などと書かれている時もあり、コメントを返しながら生徒と会話をしている気分になります。高学年では、国語の記述答案を扱います。本好きの私にとって、テキストの文学作品を読むのは楽しみの一つです。スタッフと指導方針を確認する中で「こんな読み方もできるのか!」と驚くような、読解の新しい視点に気づくこともあります。また、生徒へのわかりやすい説明を考えるうちに、自分の文章力も磨かれていくことを実感しています。

講師研修担当 渡部講師

子ども達の能力を引き出すという素晴らしい仕事をしていただくにあたり、まずは向上心と責任感が大切である旨をお伝えしています。「厳しさの中にも充実した楽しさがある研修」をモットーに、授業のテクニックを身につけるだけではなく、子ども達とのコミュニケーション能力を高め、信頼関係の構築ができるような講師の育成を目指しています。できるだけ多くの方々に、かつて学んだ喜びを生かしながら、教える楽しさを体験していただきたいと思います。子ども達の成長だけでなく、自分自身の成長を実感してください。

個別指導教室 木村講師

社会人としていろいろと経験を積む中、教育に関する仕事をしたいという思いは募るばかりでした。心機一転、思い切ってSAPIXのドアをたたき、念願であった講師として再出発をしたあの日から、あっという間に月日が流れました。 現在は、個別指導を行うプリバートで頑張っています。子ども達一人ひとりをみつめながら、その個性に応じた接し方や指導方法等、今後も勉強するべき点がたくさんありますが、子ども達の明るい笑顔と努力する姿に勇気と元気をもらい、充実した日々を過ごしています。


pagetop